スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
現在の催しに参加してきました
2010-11-27 Sat 21:29
昨日のゲセン進軍にて

「三国志大戦」においてのIC

【三三(33)代目】になりました!

101126_205016.jpg


前に比べるとペースこそは落ちているものの
順調にICを消費しているようです^^;



まぁ毎日の事ですからね、YK=アギトです。


各所のゲセンでは「戦国大戦」の影響か

「三国志大戦台」がゲセン自体から
撤退されたという所もあるそうですが・・・



それでも自分は

いったい何代目までいけるでしょうかね?


さてさてさて、今回もゲーム関係について
少々書かせて頂こうと思います。



今回も「三国志大戦」について。


昨日にも書かせて頂きましたが

現在の「三国志大戦」内では

『天下統一大会』 

  

『龍玉キャンペーン』

が行なわれておりますね!


今回は同時に開催という事もあり

昨日の地元ゲセンでは

「珍しく満席」+「待ち有り」

という状態でした!


 大繁盛だね(>ω・)b⌒☆


まぁそれはさておき。


今回の天下統一大会には
ちゃっかりと自分も(兵糧目当てで)
参加をしてきましたので

今回はその戦績を書かせて頂こうと思います。



**********

まず、最初に使用したデッキ

自分:証10 [司空]

『5枚大徳(大会仕様)』

101127_200550.jpg

S大徳・馬姫・車輪魏延・関興・槍馬謖
G法正(再起)



今回のプレイを始める前の段階では
まだ何のデッキやカードが流行っているのか
全然解っていなかっただけに
とりあえずはバランスの良いデッキを登録


さらに最近、メインデッキが無い状態で
かなり迷走状態だったりしますので

「大徳デッキ」の実験も兼ねていたりw


==========

【1戦目】VS 証19 玉璽数:15

(S黄忠・桃園・咆哮・王悦:G蔡文姫)



『4枚桃園デッキ』ですね

今回の大会ルールにより

“桃園の撤退デメリット”である
撤退時に全員撤退のリスクが減るので

大会ルールを生かした良いデッキだと思います。


戦果は、時間ギリギリの最終攻防にて
「桃園+目覚め」に押し切られて
敗北


奥義がまさかの『封印捕縛』に仰天した!!


==========

【2戦目】VS 証12 玉璽数:0

(L蜀関羽・臥龍・王桃・李厳:G徐庶)



『臥龍デッキ』ですね


丁度、バージョンアップの修正により
「忠義の回復量上昇」なので
関羽の号令自体も厄介な相手!


戦果は、挑発で突撃させないようにしつつも
忠義+憤激車輪に押し切られて
敗北

大徳分の士気が間に合いませんでした・・・


==========

【3戦目】VS 証12 玉璽数:22

(最終兵器・留賛・将軍・関平・トウシ:G孔明)




『連合兵器デッキ』・・・

とでも表現すればいいのでしょうか?

今回のバージョンアップにより
「連合号令」が上方修正されて
効果時間が長くなったそうなので
現バージョンで流行りそうなデッキ候補。


戦果は、こちらが士気を溜めて
一気に押し切る攻め方で
勝利

最終兵器3発目を撃たれそうになった所を
なんとか車輪中の魏延が粘ってくれて
矢の集中砲火にも耐えつつ倒してくれました



==========

ここで1セットの進軍が終了。


戦果は

≪3戦1勝2敗≫ 

負け越し・・・


というか、今回の大会ルールは

「復活カウントの減少」

というものなのに対し

『奥義:再起』を選択

という、自分アホス・・・


つい、いつもの癖で・・・(´;ω;)


**********

今回の大会に「大徳」
あまり適していなかったようなので


次の進軍ではデッキをチェンジ!


『4枚八卦デッキ(大会仕様)』

101127_200638.jpg

L白銀・八卦・人馬趙雲・R張飛
Gホウ統(増援)



過去にも使い慣れている
「八卦デッキ」に変更しつつ

バージョンアップによる
「白銀」仕様変更のテストも兼ねて。

ちなみに「SR趙雲」「咆哮魏延」とで
どちらを採用するかを迷いましたが

大会ルールの「復活カウント減少」に加え

「特技の復活なら、すぐ出てこれるな」

という考えから「SR趙雲」を選択。


これは余談ですが

「趙雲」「魏延」も自分の好きな武将です!


==========

【4戦目】VS 証20 玉璽10

(L惇・S淵・Sウホ蛾・Rウホ徳:Gトキメキ)



㌧¥ウホウホデッキ

いや・・・『礎デッキ』の亜種型でしょうか?


「礎」の使い方によっては

食っても、食われても、平気!!

大会ルールを生かしたデッキですね!


戦果は、相手の方の礎の使い方が上手く
スキル差を見せ付けられて
敗北


せっかくの玉璽ボーナス戦が・・・orz


==========

【5戦目】VS 一品 玉璽数:0

(至高・二分・オケーイ・空蝉・孫喩:G魯粛)



『呉単至高デッキ』ですね


今回の大会ルールで復活カウントが
さらに短くなっているとの事でしょう。


戦果は、至高→白銀で殲滅
オケーイ→人馬+乱戦で対応して
勝利

今回の『白銀の突撃ダメージ』
なんか半端ない事になってる気が・・・!!



==========

【6戦目】VS 証24 玉璽数:0

(飛翔・悪鬼・閻行・U人馬:G陳宮)



『悪鬼飛翔』の亜種型ですかね?

飛翔で食い尽くしても
結局はすぐに復活してくるという
大会ルールを生かしたデッキ!



戦果は、呂布に大暴れされて敗北


しかし・・・最後、相手側の勝確状態での
「猛将の一閃」空撃ちは勘弁な・・・(つД`)



==========

ここでこのデッキでの進軍は終了


戦果は

≪3戦1勝2敗≫

と、さっきと同じ結果に・・・


今回は「八卦」自体も全然機能せず

ひたすらに「白銀」が大暴れしてましたw


**********


ここで今回の大会進軍は終了。


最終結果は

≪6戦2勝4敗≫

玉璽数:12個


と、大きく負け越し状態・・・

※5戦目は玉璽ボーナス戦でした


まぁ相手の方の証からしても
なんとか奮戦はできたようなので

個人的には、まぁまぁ満足です(^ω^;)



**********

今回の大会に対して

実際に参加してみましたが


実際の体験や周りの人のプレイを見るに

『撤退のデメリットのある計略』

を生かした計略が流行っていそうです。


非常に効果が大きいが
撤退によるデメリットのある計略


に対しての

“デメリット部分の軽減”

の恩栄を受けられるので

凄く大きな成果をあげれるみたいです!


まぁ大会ルールがアレなので
おのずとそれを活用するのは当然ですがw



・・・あはは・・・6(・∀・;)


まぁこんな感じで

今回の大会進軍レポとさせて頂きました。


**********


という事で今回はここまで。


ちなみにこの更新が終了次第には
地元のゲセンへと行ってきまして

本日分の「三国志大戦」をプレイしたり
「SFC」も少しつついてこようと思います。


明日は日曜日により
お仕事の方もお休みなので

まったりと楽しんでこうと思います~



それではまた次回にお会いしましょう~(´∀`)ノシ



【チラシの裏】


今回の大会ルール

「撤退カウントの減少」

が適用された


[特技:活・活・活] の

「SR孟獲」 の場合・・・・



撤退してしまっても

一瞬で復活します!!



実際にそれでプレイしている人の後ろから
皆でその光景を皆で見ておりまして

思わず全員でお笑いしておりましたw



スポンサーサイト
別窓 | ゲーム関連 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<まったりスローライフ | 蒼紫の夢想花 | 取ってきましたよ!>>
この記事のコメント
私も局地大会やってきましたーw
活持ちがやっぱりめちゃめちゃ強いですねw

証84とマッチしました;; 詳しくはブログにて(誘導ww
2010-11-28 Sun 00:00 | URL | zodd #3y4Gj5mY[ 内容変更] | top↑
コメント返信です
>>zoddさん
コメントありがとうございます。

局地大会進軍お疲れ様ですー

さっそく、そちらの記事の方も拝見させて頂きましたが
なかなかに手応えのあった戦績なようなので
それは何よりでしたね^^

今回の大会のルール上、やはり復活持ちの武将は
すぐに何度も戦場に出れたりするので
すごく活躍してくれた事だと思います。

やっぱり戦場に出て戦ってこその
武将達ですからね^^

そして今回は証84の方とマッチされたようで!

かなり大きな証差となっていそうですが

それでもかなりの接戦まで持ち込めて
惜しい所まで善戦できたようなので良かったですね^^

もし良ければ、最終玉璽数とかも
教えて頂ければ幸いですー
2010-11-28 Sun 20:47 | URL | YK=アギト #d/CpiV46[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 蒼紫の夢想花 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。