スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
KAMIESAI
2015-09-27 Sun 22:55

この週末はバタバタと移動して
人が多い場所を行ったり来たり
慌ただしく動いていたせいか

現在はクタクタのヘトヘト…

最近、普段の休みにおいては
自宅にいる事が多いのですし
人の多い場所は苦手です><



人口密度にあてられて
グッタリ、YK=アギトです。


もう、しばらくは人の多い場所に
行きたくないでござる(;´Д`)



さてさてさて、今回はイベント話を
書かせて頂こうと思います。


************

この週末のお休みにおいては
地元の知り合いの人達より
御誘いを頂きましたので

隣街(実質的には結構遠い)
で開催されたイベントへと
一緒に行ってきました。


あまり普段は行かない方面で
地元より都会な地域です。


============

そんなイベントというのは

≪神絵祭・実≫

logo.png


近年に人気の絵師様達による
版画とグッズの祭典となっており

普段から観に行く事もある
版画展の大型イベント
となります。

ちなみに、普段に行っているのは
「日本橋」にある建物ですが

今回は、そこから遠くにある
梅田のスカイビルにおいて
開催されておりました。

IMG03366.jpg


随分と離れた場所で…^^;


~~~~~~~~~~~~

そんな現地へ行ってみると
噂には聞いておりましたが
スカイビルはこんな感じ。

IMG03367.jpg


下からみると、さらに圧巻!

IMG03368.jpg


今回に自分は初めて現地へ
行った事になるのですが


実際には地元民のハズが
珍しくて写真を撮りまくってる
不思議な光景がありましたw


~~~~~~~~~~~~

それはさておき、イベントの
会場へと到着次第には

さっそくに受付で登録をして
会場を観て周りました。

今回に参加されている中で
特に個人的としましては

・美樹本晴彦先生
・天夢森流彩先生


が好きなのですが

同行者の皆さんとしては
一人は「カントク先生」

もう一人は「Tony先生」
バラバラではありましたが

せっかくですし皆で一緒に
全ての絵師様の作品を
観て周っていきました。



いつもは各・個人展にしか
行く機会が無かったのですが

他の絵師様の作品を観れる
貴重な機会となりましたよ!



あとイラスト集等で観るのも
勿論良いものでありますが

やはり実際に観てみると
数段に綺麗で凄かったです!





あとお値段も凄かったです…



============


イベント会場内における
写真撮影はNGとの事で
ブログ用の写真も割合。



そんなイベント会場内にて
一通り作品を観て周った後

あとは、現地に行くと貰える
キャンペーンとしまして

Screenshot_2015-09-26-16-40-35.png


「てぃんくる先生」の缶バッジ

IMG03371.jpg

を貰ってきまして


今回の閲覧会は終了。


久々に皆で一緒に外出し
好きな絵師様の作品を
一緒に観て周りながら
話をする事ができまして
楽しい進軍になりましたとさ


************

という事で今回はここまで。


しかし…疲れましたぁ…

現地まで行くのもそうですし
冒頭文にもある人の多さも
現地での移動も疲れました


足が棒のようになってるので
今晩は泥のように寝ますわ



それでは、また次回の更新に
お会いしましょう~(;´Д`)ノシ



【チラシの裏】

当初こそは、現地に行きましたら
何かグッズ的なモノを購入しようと
多めに資金も持っていきましたが

目当てにしていたグッズ類は
既に商品は売り切れており

現地で開催されていたという
ガチャも撤去されておりまして


残りはタペストリーといった
割とサイズの大きい系しか
残っていなかったという事なので

今回は購入に至りませんでした。


タペストリーやポスター類は
自宅に飾る場所が無いですし

飾れなくてしまいこんだままのが
押し入れに結構ありますので…


スポンサーサイト
別窓 | 同人・アニメ等のオタク記事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<臨時休暇届け | 蒼紫の夢想花 | 予想以上に忙しい結果…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 蒼紫の夢想花 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。